Access VBAプログラミング開発工房 データベース構築実践編

  • 2010/07/31(土) 23:32:46

7月前半は何かと忙しかったが、後半になるとまた時間が出来た入門・基礎編はまだ終わってなかったのだが、図書館からデータベース構築実践編の貸出の連絡が入ったので、ここ2週間ほど、この本を読んでいた
題名を見て、構築実践編は、入門・基礎編よりレベルが上かと思っていたけど、そういうわけではなかった。入門・基礎編が、VBAの解説に特化しているのに対し、構築実践編はVBA以外のところに重点を置いている。
こちらを先に読んだ方がいいかもしれない。ただVBAの記述の部分は、入門・基礎編が理解できてないと、難しいと思うけど
この本はVBAがわからなくても、データベースを作る上で参考になる本だと思う。私は今まで何種類かのデータベースを作って実際に職場で使っているし、今までもACCESSを使って、どういう風にデータベースを構築すればいいか、わからないって悩んだことはないけど、それでも勉強になる。良い復習が出来るし、私の一番の目的、自分が今まで作ったデータベースを、市販のアプリケーションソフト風にまで高めるための、ヒントがたくさん書いてある。
この本のサンプルは、どれもシンプルですぐに出来るものばかり。今まで私が読んだ参考書の中には、ものすごくりっぱな検索画面の作り方が載っているものもあったけど、実際に作ってみると、こっちの方が、ずっと読者思いの本だとわかる。最初は、こんなりっぱな検索画面を作れるようになりたい!と思うのだが、実際に作り始めると、あ行のボタンを作るのも、か行のボタンを作るのも、結局同じパターンの繰り返しなことに気づく。時間の無駄なのだ。作った画面をそのままそっくり自分のデータベースで利用するならともかく、ただ勉強のために作るなら、仕組みを理解した後、実際に1、2個作ったら次に進む方がずっと効率的だ。そういう点でも、この本はとても良心的。しかし、2章にある「豆知識」の「Where句の書き方」は、1週間「寝かせて」もう一度読んだけど、まだちょっとわからない。こういうもんだと思うしかないのかな〜。経験を積んでいくうちに、わかるかもしれないし。
しかしとにかく、今まで私が読んだACCESSの参考書の中では一番の本だ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する